脱毛カウンセリング時の服装について

脱毛カウンセリングでは、希望する脱毛部位の毛量や毛質、お肌の状態などを実際に見てチェックします。腕や脚の脱毛を希望している場合は、すぐに肌をみせることができるような服装をしていくとカウンセリングがスムーズに進みます。例えば脚の脱毛が希望なら短パンやサッとめくって見せれるようなフレアースカートがいいかもしれません。もちろん、そのような服装でなくても、施術用のバスローブが用意されていますから、それに着替えて見せるということもできます。ですから、あまり神経質に考える必要はありません。しかし、実際に施術に通う場合には、施術箇所を刺激しないような服を着るように注意しましょう。たとえば、背中や腕、脚などは施術後すぐに強い日差しを浴びることは、あまりお勧めできません。肌を隠すようなものを持ってくるのがいいでしょう。また、いくら肌を隠すためとはいえ、締め付け強いジーパンなどもあまりいいとは言えません。肌を隠し、それでいてあまり肌に密着しない服がいいでしょう。

このページの先頭へ